お知らせ

ICT機器を活用した学習支援事業が続々スタートしています!

2017/09/12

【平成29年度たかぎ土曜塾の取り組み】

村では、5月20日(土)から平成29年度の「たかぎ土曜塾」をスタートしています。

IMG_8391

この事業は、昨年度に引き続き、村内小学校4~6学年の児童を対象に、基礎学力の向上と学習習慣の定着を図ることを目的としたタブレット端末を活用した学習支援事業です。

新たに今年度より「学びシート」を導入し、児童一人一人がその日の取り組み目標を決め、評価を行うようにしました。また、最も重要な“学習に対する姿勢”についても、自ら確認できるチェック欄を設け、より深い振り返りができる仕組みとしました。

なお、今年度から主要4教科(国語・算数・理科・社会)すべてと、学校の宿題なども持ち寄って学習できるよう内容を拡充し、様々な課題に取り組めるようになりました。

また、日々の教科学習に留まらず、プログラミングやタイピング学習を取り入れたイベントも開催しています。

夏休みには特別企画として『プログラミング体験』を開催し、タブレット端末を使って、ブラウザ上でプログラミングの基礎を学びました。

IMG_9040
IMG_9047

今回はHour of Code(アワーオブコード)のアクティビティ「古典的な迷路」を使い、指示された場所にキャラクターを動かす、その手順を考えながら、論理的思考力などを養うトレーニングを行いました。

たかぎ土曜塾では、これからのICT社会を生きる子ども達の育成のため、より総合的で深い学びができるよう取り組みを進めてまいります。

 

【たかぎ未来カレッジスタート!】

村では、この8月から中学生への放課後学習支援事業「たかぎ未来カレッジ」をスタートしました。

IMG_9190

2回目となる9月6日(水)には開講式が行われ、登録生徒32名を前に、教育長、学校長、NPO法人eboard(いーぼーど)代表 中村孝一さんからご挨拶をいただきました。

開講式の様子はこちら

この「たかぎ未来カレッジ」は、県の「地域未来塾事業」の一環として今年度新たに始めたもので、地域と学校が連携・協働する中で、中学生を対象として、タブレット端末等を活用した学習機会を提供し、生徒の基礎学力の底上げを図ることを大きな目的としています。

毎週水曜日の放課後(15:30~16:30)に、中学校空き教室でオンライン学習サイトeboardを活用して学習に取り組みます。生徒は、数学・英語をメインにしながらも、理科・社会を含めた4教科から選択し、「基礎コース」と「発展コース」の2つに分かれて学習を進めます。

また、毎回、1~2名の学習支援員がつき、生徒の学習を丁寧にサポートします。

学習には「自己評価カード」を導入し、生徒自らがその日の目標を立て、学習後に、できたこと・できなかったことを振り返る内容となっています。

たかぎ未来カレッジでは、生徒の学習意欲やモチベーションを大切にしながら、確かな学力と教養を身につける場として、さらなる取り組みを進めてまいります。

 

【業務連絡】 教員のICT活用指導力調査

2017/03/09

①ログイン用画面にアクセスします。
該当の学校名のリンクをクリックします。

■喬木第一小ログイン用)教員のICT活用指導力チェックリスト
https://docs.google.com/a/shinshu-u.ac.jp/forms/d/e/1FAIpQLSckPg_bxbUpSzrqmFqg7wa77-yLeOCTHqGyre8NYyUlLARkWA/viewform
■喬木第二小ログイン用)教員のICT活用指導力チェックリスト
https://docs.google.com/a/shinshu-u.ac.jp/forms/d/e/1FAIpQLSfKWPuXekQ-Q9W2SpxhRnKdCdB0FyvXPMs3Boxc4VtBpAPm_A/viewform
■喬木中ログイン用)教員のICT活用指導力チェックリスト
https://docs.google.com/a/shinshu-u.ac.jp/forms/d/e/1FAIpQLSftyAONuKfX-1OmHhYljpqmuX7PNLacIfoVFW8yvZWtjYNYPQ/viewform

 

②パスワードを入力します。
学校ごとに付与されたパスワード(6桁)を入力します。
入力後【送信】ボタンをクリックします。

 

③教員のICT活用指導力チェックリストへアクセスするための画面が表示されます。

③

 

④教員のICT活用指導力チェックリストが表示
されます。
「学校名」・・・該当の学校名をクリックしてください。
「ユーザID」・・・教育委員会から示された名簿に従ってIDを
入力してください。

4

⑤最後、回答が終わりましたら【送信】ボタンをクリックしてください。

5

「第二回 遠隔合同授業公開研究会」を開催しました

2016/12/22

喬木村が実証地域として文部科学省から採択され取り組んでいる「人口減少社会におけるICT の活用による教育の質の維持向上に係る実証事業」の第二回遠隔合同授業公開研究会を11月25日に行いました。喬木第一小学校と喬木第二小学校を遠隔会議システムでつないで「5年 総合的な学習の時間」「4年 国語」の授業を公開しました。当日は、県内外から 76 名の方にご参加いただきました。

授業公開につづき、文部科学省生涯学習政策局情報教育課 松本 眞 課長補佐 様から「教育改革の動向と2020年代の教育の情報化」という演題で基調講演をいただきました。講演内容は、次期学習指導要領の方向性や学校の ICT 環境整備の現状と展望など、基本となる教育改革の動向についてです。リニア新幹線や三遠南信自動車道が開通する2020年台に向けて、ICT を活用した教育で村の活力を向上させようとしている喬木村にとって、とても重要な内容でした。

 

2年次の公開研究会に至るまでには多くの方のご支援を賜りました。

とりわけ、信州大学 東原義則 教授には、ご多忙な中、時間を割いて、TV 会議を使って、また直接喬木村に来村いただき、子どもたちがより主体的に学ぶことができるよう、授業の内容をはじめ、子どもたちの深い学びのための明確な教師の言葉がけについて等ご指導をいただきました。

また、関係企業の方々には、ICT 環境の構築に関して、当日のみならず日々の実践においても様々な形で支えていただきました。

おかげさまで、公開授業では、喬木の子どもたちのために「主体的な学び」や「深い学び」を目指してチャレンジし続ける先生方や、遠隔合同授業を通した個やグループ活動で、自分の考えを深め、表現し、新たな価値に気づいていく子どもたちの姿を見ていただくことができました。

多くの方々からのご支援で今回の公開研究会を開催できましたことに重ねて感謝いたします。

                         

                          喬木村教育委員会事務局

 

授業の詳しい様子も別途、記事を投稿していきます。

ぜひ、そちらもご覧ください。

1482394226

 

DSC_0039

松本課長補佐 基調講演

 

%e3%83%aa%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3

教育委員会・学校職員によるリレープレゼン

 

%e5%ad%90%e3%81%a9%e3%82%82%e3%81%ae%e6%a7%98%e5%ad%90%ef%bc%91

遠隔でグループワークに取り組む児童

%e5%ad%90%e3%81%a9%e3%82%82%e3%81%ae%e6%a7%98%e5%ad%90%ef%bc%92

 

中間成果報告会の様子がYouTubeで見られるようになりました。

2016/12/02

喬木村も発表を行った「人口減少社会におけるICTの活用による教育の質の維持向上に係る実証事業」の中間成果報告会の様子が、YouTubeで見られるようになりました。

実践報告で喬木第二小学校 北澤裕美先生が、パネルディスカッションで第一小学校 北村洋志校長先生が、遠隔合同授業の様子やここまでの研究の成果を発表しています。

ぜひご覧ください。

当日配布された資料もダウンロードできます。

 

 

視聴はこちらから↓

https://www.youtube.com/playlist?list=PLUzVDpZUSes_niheC3v9uVzEnHAwyREqR

「中間成果報告会」で発表しました。

2016/11/11

喬木村が実証地域として採択され取り組んでいる、「人口減少社会におけるICTの活用による教育の質の維持向上に係る実証事業」の中間報告会が、文部科学省にて10月26日に開催されました。喬木村の取り組みが認められ,文部科学省の第二講堂にて報告させていただけるというチャンスに恵まれました。

この実証事業では学校教育と社会教育の二つの分野で実践がなされています。学校教育分野では全12地域が指定を受け、今回は、喬木村のほか、鹿児島県、徳島県三好市からも報告がありました。

本村からは、第二小学校 北澤研究主任が実践報告にて、昨年の課題を受けて変わっていった今年度の授業の様子や、遠隔合同授業がもたらした児童の変化を発表しました。また、パネルディスカッションでは、第一小学校 北村校長が小規模・中規模どちらにとっても、遠隔合同授業が普段の授業の反省・改善につながっているという、教員にとっての効果を中心に発表しました。

全国には、小規模校を50%以上抱えている都道府県が29あるそうです。とくに鹿児島県では約半数の学校が複式学級を抱えているそうです。

この遠隔合同授業の取組は人口減少地域の未来に関わる重要な取り組みであると同時に、全国的な関心事であることがわかりました。

 

今月25日に、第一・第二小学校での遠隔合同授業公開研究会も控えています。

今後も実践を重ね,喬木村の取組を大いに発信していきたいと思います。

 

(リンクは「教育新聞」で取り上げられた同報告会の様子です)

https://www.kyobun.co.jp/news/20161026_02/

 

「第二回 遠隔合同授業公開研究会」を開催します。

2016/10/06

11月25日(金)

喬木第一小学校と第二小学校にて「第二回 遠隔合同授業公開研究会」を開催します。

遠隔会議システムを使用して、離れたふたつのクラスがひとつになります。

「発表会」や「意見交換会」とは異なる「遠隔合同授業」で、離れていても学びあう児童の姿をぜひご覧ください。

 

お申し込みは全て「こくちーず」から受付いたします。(受付開始は11月7日以降を予定しています。)

詳細は下記リンクからご確認ください。

 

%e6%9c%80%e7%b5%82%e6%a1%88%e5%86%85%e2%91%a0 %e6%9c%80%e7%b5%82%e6%a1%88%e5%86%85%e2%91%a1

詳細はこちら : 第二回 遠隔合同授業公開研究会」ご案内 (こくちーず)